ー下丸子蓮光院にある大名屋敷門の藩名・場所の謎を探る
(注)下に全体目次が有ります


大田区下丸子の「寿福院 蓮光院」に江戸時代の小大名の屋敷門がある。もと西馬込中丸の豪農河原家が所有していたが、昭和14年頃(1925)に大田区に寄贈され下丸子の蓮光院門前に移築された。残念なことに、門を所有していた大名藩名や詳細がわからない。江戸時代の有職故実
『青標紙』によれば、門の格式から5万石以下の大名屋敷門で、2万石クラスの小大名であることは疑いがなく、このクラスの大名屋敷門は、現存数が少なく極めて貴重である。昭和39年(1964)4月に東京都指定文化財に認定された。(目次がページ下にあります)



裏側から見た大名屋敷門 拡大表示

蓮光院の大名家屋敷門  

門番のいた片番所(左側のみ

櫻の一枚板・扉

梁部分
門の梁部分

門上部の不思議な開口部
写真 門

門から見た連光院本堂である、昔の大名屋敷も、このように開けられ屋敷が見えたに違いない。拡大表示


右側から見た武家屋敷門と塀 

 寿福院 蓮光院について
  寿福院 蓮光院の開基年代はハッキリしない、享保元年(1716)に火災により焼失、翌年堂宇は再建された。昭和14年(1939)に本堂、庫裡、山門を整備とある。この時に河原家より移築されたらしい。このあたりの詳細は不明である。昭和20年の戦災で山門以外は焼失した、昭和31年(1956)に本堂、庫裡、書院を整備して現在に至る。
 何故、連光院に移築されたか不明であったが、その謎が氷解した。大田区史によれば、『連光院は池田藩の菩提寺であったことから、池田藩の大名屋敷門と思われ蓮光院に移築されたらしい。』 ただ、池田藩と言うが、池田光政が治めた岡山藩38万石ではなく、その支藩である鴨方藩(2万五千石)か生坂藩(1万五千石)を示すと思われるが、その根拠を示す資料がはっきりしないため。池田藩関連ではないと考える。
寿福院 蓮光院 真言宗智山派の寺、昭和元年(1926)玉川八十八ヵ所の霊場、第五十九番札所となる。
(住所・大田区下丸子3ー19ー7)


 

大田区の調査から「蓮光院大名屋敷門」の 建築データー
      『大田区の歴史的建造物』(大田区の文化財 第34集 大田区教委委員会)より

 
  ■
構造 一重、入母屋、浅瓦葺き、中央部に両開き扉、出格子付片番所、片潜門
  規模 桁行八間柱真々 48尺6寸2分(14,730ミリ)
      梁間三間柱真々 17尺2寸4分(5,220ミリ)
      建築年代 江戸時代末期(19世紀中頃)
 
 
文化財の特色
  小大名格の武家屋敷門として格調正しい様式を備えており、その構造、形式共によく保存されている。家格に応ずる江戸期の武家屋敷門のうちでも、特に保存例の少ない1〜5万石の小大名格の形式を良く伝えるもので、希少な
東京都指定文化財である。

  解説 昭和14年(1939)
頃、馬込中丸の河原氏から寄進移築された。(以下、筆者解説 河原氏が池田山の備前岡山藩池田家、または芝区毛利家(長州府中藩毛利家5万石)、豊後佐伯家2万石(萩毛利家とは血園関係にない)など諸説があるが確かな記載が無く不明である。)
  住所・東京都大田区下丸子3ー19ー7


 

江戸時代の資料『青標紙』で藩の石高を調べる……
  
  江戸時代後期、大名家屋敷門は幕府より大名格式(石高)による門扉、くぐり戸、門番所の形態が厳格に定められていた。
 江戸時代に武家故実を解説した小型本(折り本)『青標紙』は、天保10年(1839)と11年(1840)の2回発刊された、その中に大名屋敷の門と門番所についての絵が載せている、これは文化6年(1809)に定められていた大名屋敷門の格式を記載したと考えられている。

刊行者・大野広城(幕臣小十人組・国学者 1797〜1841没) 通称・忍軒、忍之屋。 彼は『青標紙』を出したため、幕府に睨まれ天保11年(1840)に九鬼式部少輔の丹波国綾部藩にお預けとなり、同年9月に死亡した、一説には憤死と言われる。この本の内容は、大正時代に刊行された『江戸双書』によって全容を知ることが出来る。(写真は表紙複写)


青標紙より他の大名屋敷イラストを見る
『青標紙』から大名家石高を推理する。
 
  右の イラストを見てほしい、「入母屋桟瓦葺、両側に番所、両側の潜り戸は片開き」の大名屋敷門である。写真と比べると蓮光院の門は、5万石以下の大名家屋敷門であると確認できる。また、片番所なので石高も1〜2万石の小大名である事が推定される。


 

 
た『青標紙』には、『右国(持)家の長屋三間梁、万石以上長屋二間半梁、万石以下長屋二間梁の事。但し、表門に家々之紋附る事。国家併に定鑑間・柳間・交代寄合抔に限る。』の記述もある。本の発行部数は300部ぐらいの少部数であった。
  小大名家屋敷門に定紋を附けることもあったようだが、現存する大名屋敷門とその資料が少ないため「家紋」の詳細は分からない。専門家によれば「大名屋敷に紋は付けない事が一般的である」と言う。

また、大名屋敷門の様式規定は、貞享年中(1685)には、イラストのように規定された。『また表門に家紋を付けることが出来るのは、国持大名か、帝鑑柳間交代寄合の家格に限られた』(『江戸と江戸城』内藤 昌著 SD選書 鹿島出版研究所 昭和41年2月28日刊より))、この規定は『青標紙』に受け継がれた。2014年4月

青標紙の文章によれば、藩の家紋を付けることが出来たのは国持大名、帝鑑の間の大名、柳間の大名、及び交代寄合に限ると規定されていた。(参照)『江戸叢書書』12巻、巻の2 江戸叢書刊行会 大正5年(1916)から大正6年(1917)刊、 この本に『青標紙』(天保11年)の原文が掲載されている。
国立国会図書館デジタル化資料所蔵

原著の正確なタイトルは 次のとおりである。

写真大田区の大名屋敷門は外様大名の1万から2万石の藩であることが判る。

《考察の方向 目次》2017年8月 制作・修正 
伝承から、大名家藩名と屋敷の場所(江戸時代)を探る。 詳細を見る
伝承から、大大名毛利藩と屋敷の場所(江戸時代)を探る。 毛利藩詳細を見る
芝区今里村あたりに別の毛利家大名家屋敷門を探す、 詳細をみる
明治初期、国の武家地処理問題について 詳細を見る 地租改正の詳細を見る
大名藩名決定。九州豊後佐伯藩(さいきはん)の上屋敷門か。詳細−1 詳細ー2. 詳細をみる
幕末・明治維新を経て江戸随一の金融機関、増上寺貸附所はどうなった。詳細を見る
馬込村は二代将軍秀忠(台徳院)御霊料を納める増上寺の寺領であった。詳細を見る 詳細を見る・2
馬込村に大名屋敷門を移築した河原邸を地図から探す。 詳細を見る
難工事だった第二京浜国道が大名屋敷門を移築させた。詳細を見る 明治20年の地図
 
下屋敷の大名屋敷門では立派すぎる、上屋敷門ではないか。 詳細を見る
大名屋敷門の家紋は正しいか。 詳細をみる
番外。江戸時代の大名屋敷を見る、外国人の見た江戸・愛宕下大名小路 詳細を見る
番外。2012年6月 ネットからの問いかけ、徳山藩の下屋敷ではないか 詳細を見る

大名屋敷門の参考資料 
大田区の謎目次 表扉目次に戻る