桜隊原爆忌の会
移動演劇 桜隊 を知っていますか?
広島での巡演中に9名全員を原爆で失った劇団です。
 


移動演劇隊「桜隊」は、1945年8月6日広島県内を巡演中に爆心地から750mの宿舎で被爆し居合わせた9名全員の命を奪われました。

メンバーには、存命であれば戦後の演劇界を大きく変えたであろうといわれる、名優丸山定夫。元宝塚スターで「映画無法松の一生」で全国のファンを魅了した園井恵子。裸体にシーツをまとい避難列車で帰郷し、東大病院へ入院し原爆症一号患者として亡くなった仲みどりなどがいます。

 近年では、新藤兼人監督映画「さくら隊散る」、新国立劇場の柿落としに上演された、井上ひさし作「紙屋町さくらホテル」などの作品にもなりました。

  戦後、徳川夢声氏の呼びかけで、多くの関係者の協力により目黒の五百羅漢寺に「桜隊原爆殉難碑」が建立され、今日まで毎年8月6日に「移動演劇・桜隊原爆忌」として追悼会を催しております。



『 1945年以降あらゆる核爆発のコマ落しの地図動画』
(詳細ページ)(※この動画はYouTubeに公開されているものです)


「桜隊」の悲劇を風化させずに、次の世代へと語り継ぐことが核兵器の廃絶や、
平和な地球の未来につながっていくことでしょう。 「桜隊原爆忌の会」 会長 神山 寛

右の写真は「目黒・五百羅漢寺の桜隊 原爆殉難碑」
住所 東京都目黒区下目黒3-20-11



メールを送る
《桜隊原爆忌の会世話人事務局》
〒103-0016  東京都中央区日本橋小網町18-16-701 Tel 03-3667-1890 Fax03-3667-1891
        お問い合わせメール

←目黒の五百羅漢寺「桜隊原爆殉難碑

カウンター設置
2008.11.20更新
  アイコン
ブログ『路傍 〜メインは「桜隊原爆忌」』 http://plaza.rakuten.co.jp/kon01/

近野十志夫『人物史詩 櫻隊』(補追版)URL: https://sites.google.com/site/sakurataipoem/

ブレイン扉に戻る
 次のページに
2017年案内